メールのトラブルシューティング

人と連絡を取るとき、メールを使って相手とやり取りをする機会が多いと思います。
日常生活の中、ビジネスシーンで活躍するメールですが、そんなメールが急に使えなくなってしまったら困りますよね。
メールが送信できない。取引先とのメールを全て消してしまった。メーラーが起動してくれない。
そんなトラブルになったとき、メールのトラブルシューティングを見ると思います。
日本ではWindowsユーザーが未だに全体の大半を占めていることから、WinのOutlook Expressをパソコンで使っているという人が多いでしょう。
携帯電話とは違ってパソコンのメール機能をあまり使ったことが無いという人もいるかもしれません。そうした人にとって役立つメールのトラブルシューティングをここでは紹介しています。

ウイルスメールへの対処法について

メールを日常的に使っている人にとって、一番恐ろしいのがウイルスメールを受け取ってしまうことです。
このウイルスメールをうかつに開いてしまうと、パソコンがクラッシュしたり、外部から操られてしまうことがあるので、
これだけは何としても避ける必要があります。
では、どうすればウイルスメールを防ぐことができるのでしょうか。
ウイルスメールを防ぐ一番手っ取り早い方法は、HTMLメールを禁止してしまうことです。
HTML方式のメールには、ウイルスが仕込まれている可能性が高いので、
メールソフトの設定を変えて、HTMLメールを開けないようにしてしまうといいでしょう。
これと同じくらい重要なのが、画像付きのメールを開かないことです。
ウイルスメールの大半は、HTMLメールか画像付きのメールに仕込まれていますので、
この2つを封殺してしまうだけで、ウイルスに感染してしまう確率を大幅に避けることができます。
ですので、本当に信頼できる宛先から来たメールを除き、画像付きのメールを開かないようにしましょう。
他にも、少しでも怪しいと思った場合、メールのプロパティを調べるなどの対策もありますが、
先にあげた2つの対策に比べるとそこまで重要ではありません。
なので、ウイルスに感染したくないなら、HTMLメールを開かない、画像付きメールを開かない、
これだけは覚えておくといいでしょう。

メールのセキュリティを守る上で大切なことについて

メールのセキュリティを守る上でもっとも大切なこと、それは信頼できる宛先から来たメール以外は開かないことです。
それくらい当然だと思われる方もいるでしょうが、これが出来ていない人が意外に多いです。
さすがに怪しげな英語のメールを開く人はほとんどいないでしょうが、
日本語で書かれていて、どこかで見たような宛先からメールがきた場合、
何も考えずに開いてしまう人がけっこういます。
ウイルスが入っているメールの中には、日本の大手企業などを騙って送りつけてくるものもあるので、
きっちり確認しないといけないのですが、
まあ大丈夫だろうと開いてしまい、結果としてウイルスに感染してしまう人が多いです。
こういうことが多いので、メールを開く前は、タイトルだけでなく、きっちりと宛先まで確認しておきましょう。
この時、メールマガジンなどを多数購読していると、この確認作業が非常に面倒になりますので、
ほとんど読まないメールマガジンは解約してしまうといいでしょう。
そうして、送られてくるメールを少なくすると、メールの確認がやりやすくなりますし、
うっかりウイルスが添付された画像ファイルを開いてしまうこともなくなりますので、
メールのセキュリティを守りたいなら、送られてくるメールを減らす努力もしておきましょう。
そうすれば、ウイルスに感染することもなくなるでしょう。

MAILER-DAEMON さんからのメールって何のメール?

ときどき、MAILER-DAEMON という差出人名でメールが届くことがあります。いきなり英語のメールが届くので、最初はドキッとするかもしれません。「もしかしてウイルスでは」と心配する方もいるでしょう。しかし安心してください。MAILER-DAEMON からのメールは、ウイルスではありません。安心してメールを開いてみてください。
メールを開くと、中には英文が書いてあります。英語が苦手な方はここでドキドキしてしまうかもしれませんが、怖いことが書いてあるわけではありません。あなたが出したメールを届けることができませんでした、というお知らせのメールなのです。落ち着いて見てみると、その理由も書いてあるので以下を参考にしてみてください。
・User unknown
比較的多い理由です。メールアドレスの入力が間違っているか、そのメールアドレス自体が抹消されているという意味です。
・Host unknown
メールのホストサーバー(@から後ろの部分のこと)がない、という意味です。サーバーダウンしているときにも、このように書かれます。
・Message exceeds maximum fixed size
相手のメールサーバーによっては、添付ファイルのサイズを限定していることがあります。メールに添付したファイルのサイズが大きすぎたときにこのメッセージが届きます。
比較的よくあるパターンを書いてみました。いずれの場合も相手にメールが届いていない場合ですので、再度確認してメールを送ってみるといいでしょう。